xinetd のログを別ファイルに保存する (RHEL6.3 編)

xinetd で起動しているデーモンのログが /var/log/messages を埋め尽くしてて、
非常に邪魔っぽかったので別ファイルに書き出す設定を実施。

RHEL6.3 (2.6.32-279.el6.x86_64) で確認していますが、
おそらく CentOS6.3 でも大丈夫かと。

なお、xinetd のバージョンは xinetd-2.3.14-34.el6.x86_64 です。

SYSLOG のファシリティ/レベルを変更し、syslog 側で対応しても良かったのだけども、
とりあえずは個別のファイルを書き出す方向で設定します。

まずは設定ファイルの変更

# vi /etc/xinetd.conf
   log_type = SYSLOG daemon info
-> log_type = FILE /var/log/xinetd.log

そして xinetd の reload
(restart ではなく、reload でOK。)

# /etc/init.d/xinetd reload

これで xinetd から起動されるデーモンのログは /var/log/xinetd.log に吐き出されます。
(ファイルが無ければ reload 時に自動で作成される。)

この状態だと xinetd 自体の停止・起動等のログは相変わらず
messages に出ますが、これはむしろこの方が望ましいのでこのままで。
# 時間が有ったら変更方法を調査。

デーモン個別で設定したい場合は /etc/xinetd.d/ 以下の
該当デーモンの設定ファイルで、log_type の設定を実施してもOK。

で、このままだと xinetd.log のサイズはガンガン増えていくのみなので、
ローテーションの設定を実施。ツールは標準でインストールされる loglotate を利用。

loglotate の設定ファイルを作成します。

# vi /etc/logrotate.d/xinetd
/var/log/xinetd.log {
    daily
    compress
    delaycompress
    missingok
    postrotate
        /bin/kill -HUP `cat /var/run/xinetd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
    endscript
}

logrotate を一度実行し、ログの状態を (/var/lib/logrotate.status に) 記録する。

# /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.conf

あとはしばらくの期間見守り、設定した内容通りにログがローテートすることを確認すればOK。

snmpd のログレベル変更

snmpd から /var/log/messages に大量に吐かれる

Connection from UDP: [192.168.xxx.yyy]:41921
Received SNMP packet(s) from UDP: [192.168.xxx.yyy]:41921

というログ。

これは /etc/sysconfig/snmpd.options 等のファイルで
コマンドラインオプションを変更する事により、抑制する事ができます。

(さらに…)

Google chrome で gmail 作成画面を等幅フォント表示

最近メールはもっぱらGmailを利用しています。もの凄く便利な世の中になったもんだと思いつつも、もうメールサーバの構築知識とか必要無いんじゃないかな…と不安になります。

で、ものすごく重宝して使ってはいるものの、Gmail のメール作成画面はプロポーショナルフォントなので、どうも落ち着かない!昔は FireFox に Greasemonkey 入れて対応していたのですが、今メインで使ってるブラウザはやっぱり Google chrome。chrome で同じような事できないのかな…

…というわけで調べてみたら等幅フォントに変更する方法がいろいろ有るんですね。先人の方達に教えて頂いた「Fixed Width Text For Gmail」という拡張機能をインストールしたら一発で解決。素晴らしい。

Fixed Width Text For Gmail
https://chrome.google.com/webstore/detail/gamfbnidfgeeahogblblgafgpdhdkmib

あと、全然関係無いのですが、等幅フォントって「とうはばフォント」って読むんですね。なんで変換できないんだよ…と思って調べてみたら読み方間違えてた。(てっきり私は「とうふくフォント」だと思ってました…)

宇都宮天然温泉 ベルさくらの湯

宇都宮駅から比較的近い場所にある「ベルモール」というショッピングモール。この中の1施設として、日帰り温泉「ベルさくらの湯」があります。
http://www.bellsakuranoyu.jp/

北関東道 宇都宮上三川IC から車で10分ぐらいで到着。

駐車場が5000台有るとのことで、どんな広大な日帰り温泉施設だよ!とか思っていたら、前述のショッピングモールと共同の駐車場だから5000台なのね。あ~びっくりした。

とはいえ、施設自体の広さはなかなかのもので、人が結構居たのですが風呂・休憩所共に特に狭さは感じず、快適そのもの。肝心のお風呂もかけ流しあり、寝湯(循環)あり、ジェットバス(非温泉)ありとバラエティーに富んでいて、かなり良かったです。

正直、ここは次回また行ってもいいかも。それぐらい快適でした。☆11レベル。

西五反田「豚とこむぎ」

午前中にお客様訪問が有って、その帰り道でたまたま路上の看板を発見。幸い午後は打ち合わせ予定がなかったので、ニンニクもOKだったし、昼食に。

入店は11:35頃。席数はカウンター10席ぐらいで空きが2~3席ぐらい。食券を買って、店員さんに渡すシステム。

初訪問なので、とりあえずはスタンダードに醤油ラーメンをチョイス。

食券を渡してしばらく後、トッピングを聞かれるので、そこでトッピングを指定。トッピングの種類は基本的に二郎系ですが、珍しかったのは魚粉と玉ねぎ。個人的に玉ねぎ大好きっ子なので「やさいニンニク玉ねぎ」で注文。

10分もしないうちにラーメン到着。個人的には、今まで行った二郎亜流の中では一番味が二郎してる感じ。私は必要なかったですが、テーブルにしょうゆダレも置いてあるので、物足りなかったら入れてもいいかもしれない。

個人的お勧め度は☆10。二郎好きには結構お勧めできます。今度別の打ち合わせで近くに来るので、その時もここで食べようかと思います。

大洗町へ。

先週末に茨城県の大洗町に行ってきました。

主な目的は…かねふくのめんたいこ工場で工場見学!!
あと、できれば日帰りに温泉でも入りたいなぁなんて思ったり。

13時頃にかねふくの工場に到着。
昼休みなのか、工場で働いている人はちょっと少なめだなぁ…
とか思っていたら奥から続々と従業員が出てくる出てくる。
ここでは主に選別や箱詰めの工程を見学できます。

個人的には、もちっといろんな工程を見たい気もするのですが、
まぁコレは文句言ってもしょうがない。
そんな事よりも、ココでは出来立てのめんたいこを試食できたり、
飲み物の自販機が無料だったりするので、むしろそっちがメインだったりします。

工場と直売所が併設されているため、
最後はお土産につまみ用のめんたいこをガッツリ買って終了。

めんたいこは要冷凍・要冷蔵の物ばかりなので、
ここにくるときにはクーラーボックス持参がオススメ。

昼食は水戸大洗ICのすぐ近くに有る「大洗イエローポート」で回転寿司。

ネタがけっこう大きくてイイ感じでしたが、お値段もそれなりにするのでなんかココで食べる価値があまり感じられなかったかな…。(それでも都内とかで食べるよりは安くて美味しいとは思いますが。)

で、大洗を後にしてもう一つの目的、日帰り温泉へ。

実は以前にも大洗に来た事があって、その時には守谷の「きぬの湯」ってところに寄ったのですが、今回は別のところへ。
※ ちなみに、きぬの湯は値段が少しお高めな点以外はかなりいい感じでした。

今回は、出発前にコンビニの日帰り温泉本で見かけた極楽湯・柏店へ。

2010年にリニューアルしたとの事だったので、清潔感は問題なし。
お風呂も広いんだけど、それ以上に人が多くてあまり広さの恩恵を得られず…。
休憩スペースも広くて、なぜか漫画喫茶のように漫画が読み放題のコーナーまで。
今回は風呂入ってちょっと休んだらすぐ出てきちゃいましたが、近くに寄ったらまた行ってもいいかなぁ…と思う感じでした。

料金は本来 750円 (週末・休日) でしたが、JAF会員優待で 520 円で入れました。
うーん、結構お得。

オススメ度はとりあえず可もなく不可もなくで ☆7 ぐらいかな。
(☆は某ゲームにちなんで1~12です。)

タイトルとURLをコピーしました